arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

Shopping Cart


VOICE

【ユーザーレポート】母だけでなく、諦めていた兄も取り戻せました

VOICE

【ユーザーレポート】母だけでなく、諦めていた兄も取り戻せました


今日も感動的なご報告をいただいて、胸がいっぱいです。   この方はご家族、、、ご実家の両親と、ご自身のお兄様の件で、長らく心を痛めていらっしゃいました。 認知機能に障害が出たらしいお母様には、もしかして負の影響があるのではないか、、、と疑いを持たれたことがきっかけで因縁を探り、手応えを感じ、少しずつ前進させながら、長期にわたって取り組んでいらっしゃいました。   お兄様のお母様への態度に常軌を逸した冷たさ、暴言などがあり、それは最後まで残っていたのですが、本日このような連絡が入り、読んで泣きそうになってしまいました。というか、泣いた。   以下、引用します。   ========== かおりさん 私、母を取り戻せたような気がします。 母のことを認知症だと決めつけて、キツくあたってばかりだった兄が、なぜか突然改心しました。 去年から兄は仕事がうまくいかず、かなり落ち込んでいたようなんですが、ふとお墓参りに行くのに母を誘おうと思ったらしく、道中仕事の悩みを相談したんですって。そしたら誰に相談したときよりも、母は本当に的確に、兄の心を打つアドバイスをしたそうで、兄は本当に母を見直して、大感激していました。 その心の動きがもう抑えきれない感じで、私に電話をしてきて、「お前の言うとおりだった。お母さんはボケてない。お父さんに関することで言動がおかしくなるのは、これまでのストレスのせいだな」と。 私はホントもう、ポカーンです。 思うに兄はマザコンで、大好きなお母さんが変な言動をすることを受け止められなくて、拒絶するような態度に出ていたのだろうと思います。そして押さえつけていた「お母さん大好き」な気持ちが、いまやあふれ出ちゃって、どうしても共有したかったのか、その日は夜にも電話をかけてきて「お母さんに煮込みを作って貰った。うまかったよー」と嬉しそうに報告してきました。 「あのボケバアア、早く死ねばいいのにな」と言ってた人が、 「仕事がスランプでよかった。お母さんに相談しなければ、俺はお母さんがボケたと思ったまま、ヘタしたら死に別れるところだった。あんなアドバイスは苦労をしてきたおかあさんじゃなきゃできない。年取ればそれなりに出来なくなることも増えるけど、それはみんなそうだよな。」って。 本当にポカーンです。...