arrow-right cart chevron-down chevron-left chevron-right chevron-up close menu minus play plus search share user email pinterest facebook instagram snapchat tumblr twitter vimeo youtube subscribe dogecoin dwolla forbrugsforeningen litecoin amazon_payments american_express bitcoin cirrus discover fancy interac jcb master paypal stripe visa diners_club dankort maestro trash

Shopping Cart


INFORMATION

エントロピーと人類の分岐点

INFORMATION

エントロピーと人類の分岐点


昨日こんなことがあったので思わずFBに書きました。   本日今しがたまで、このまま生きながら死ぬかと思うほどの(ってなにそれ?だけど)強烈な眠気が来たので、信用できるセンサー感度の友人に聞いてみたところ、みんな「特に眠くない」と言う。てことは地震の心配はないかなってことで、謎だったんだが、原因が今わかった。 イモ子2号が、サナギに変容してたんだ。 まさか!と思うでしょう、信じられないでしょう。でも、そうなんです。これはお能でいう「翁」みたいなもの。場の空気を変えるというか、時空間を歪ませるというか。要するに「幽玄」。 姿を変えるという現象は、そりゃもうものすごいものを発します。こんな小さな虫一人でそんな影響あるのかって思うでしょ。でも、そうなんだから、そうなんだよ。観念じゃないよ、体験から言ってます。 サナギからちょうちょになる時より、イモ子から蛹になるときの方が凄い。イモの皮を脱ぐからね。その際にものすごい細かーーーーーい振動を発するのでしょう。   てことは。人間が本気で意識変容=覚醒したらどうなる?それが一定数いたらどうなる? 時空間変わるんだよ。それが地球の次元上昇と共鳴するんだよ。、、、そういうことなんだよ。今やるべきは。そんな分岐点。     で、今朝、しみじみ考えてみた。   昔、アゲハは「常世の虫」とされ一種の信仰があったわけですが、 それはヒラヒラと舞うちょうちょが「霊魂を運ぶ」とか「魂の乗り物」だとか言う観念的なこととは違って、この、イモムシからサナギに姿を変える際に発する途轍もない「幽玄エネルギー」(わたしの造語です)のことを指してたのではないかと。 zoom配信ではいつも言っていますが、昔の人は現代人よりはるかにセンサー感度が高かった(理由は、当時の人の松果体は今よりはるかに大きく機能していたはずで、縄文より衰えたと言っても、今に比べたらはるかにテレパシックな能力は高かったはずだから)。 それゆえこの幽玄エネルギーの影響を受ける人が続出したのだろう。この幽玄こそが、この世と常世の境、あわいにある世界。    キャタピラという足を持って地面を這い、木に上り、葉っぱを食べ、固形の糞を輩出し、大きくなり成長することがエントロピーの増大であるわけだが、...