商品の発送は、大抵の場合、毎週火曜日です

自分という山の頂点に登りたい

なんだかもう年末というか、すでに一年終わった気分じゃないですか?

今年を振り返る的な気分に、最近いつもなっています。

 

 

「変容」という点において、

マリアグリッドが来てから、一番変わったのは、

何を隠そう、おそらくこのわたしだろうと思っている。

 

これは、なにも、実家の土地および母の変化だけじゃなく(って、それだけでも一生かかっても無理と諦めていたわけだから、奇跡オブ奇跡なわけだけれど)

知らないうちに身体が変わって、なんの努力もトレーニングもしてないのに、結跏趺坐とか簡単にできるようになってたわい!

とか、

もう、自ら進んでお酒を飲みたいとは思わなくなった、とか、

なにもしてないのに基礎体温が上がった(前は35°台前半が、今は常に36.6°ぐらいはある。って、コロナのおかげで勝手に検温してもらえるから知ったこと)とか、

そういうわかりやすい変化よりも、

自分にしかわからない、「何か」が変わった感。

というよりも

変わってしまったんだ、というしみじみした実感、それがすごい。

 

 

元々、わたしは、エネルギー体感がある人間じゃない。

というよりも、割とそういうものには懐疑的で、それまで提供していたアクセサリーなども、みんなが「すごいエネルギー」と言ってくれてはいたものの、自分ではわからないから「そうなのかー」としか言いようがなかったし、

もう一つは、神社やパワースポットと言われるようなところで、いわゆるキラキラ系スピが「きゃあ♡すごい波動〜」とか言ってるのを

ま、はっきり言って、バカじゃないかと思っていました。

はっきり言いました。

そう、さらにはっきり言って

「だからなんなんだよ!」という気持ちの方が強かったし、

はっきり言って、今もそれは全然変わっていません。

 

波動の強いところに行ったからって何なんだ。それを検知したからって何なんだ。

そんなこと言ってる人たちの望みが、わりと、その、なんていうか

要するに「金運」だったりとか、憧れの人に会えたー、だったりとか

その、まあ、はっきり言ってそんなに次元が高くないというか。

そんなに「無条件の幸せ」を手にしてる感がないというか。

そんなことよりきちんと普通に稼げるスキルを身につけるとか、自分の商売に役立つITリテラシー(検索技術じゃないよ)を身につけるとか、マーケティングについて学びなよ!と思っていましたし、今も変わらず、それはそう思ってます。

 

だからマリアグリッドも、いわゆるそれ系の「すごい〜♡」みたいなだけの反応をされたら、本意ではありません。

だいたい、わたしは自分が「スピ」の人だと今も全く思っていない。

(って、必ず出てくる「スピ」って何?問題)

 

わたしはいわゆる「見える聞こえる」系の人ではありません。

そんなもん見えないし、そんなもん聞こえもしない。(どんなもん?)

でも、いうなればわたしは「わかる」のです。

 

 

自分の変化という点でいえば、

次から次へと、マリアグリッドのバージョンがやってくるのも、改めて考えてみれば驚き中の驚きですし、

あっという間に、仲間ができたことも驚きですし、

それも、今、こうしてみると、このバージョンが、

きちんと段階を踏んでやってきていること、(一足飛びに 「希望」とかじゃなかったという点)そのステップ通りに自分も向き合わされてきたこと、

そして何かが深く腑に落ちるたびに、わたしの中の「何か」がどんどん変わっていってる。

 

 

それで、もっともナウなわたしの状況はというと、

なんだか知らないけれど、情報が勝手に入ってくる〜

という状態。

これまったく意味不明なのです。 

 

そのことに気づいたのは、超ホットな最近のことです。

今頃になって、わたしはやっと、この本を読み出しました。決して新しい本ではありません。

でもこれだけ毎日神聖幾何学を扱っていて、一体全体、だからこれはなんなんだ!ということを、きちんと知りたい、と思ったから読むことにしたのです。Kindle版で。

 

で、すごく面白いけど、ちんたらちんたら読み進めていましたところ、

こないだ、あるページにきたら、

何かが起きたのです。

 

 

えーと、つまり、それは

エジプトの、アドビスの神殿についての事柄に触れた章のことで、文字と図版な訳ですが、「何かものすごいもの」がわたしの中に入ってきた。

なんだろう、なんだこれは?

でページをめくるわけですが、例えばこれなんか

の箇所では、(てか、今見ても)なんだか知らない、「ものすごいもの」が入ってきて、全身の毛細血管が一斉に流れるような感じ、

自分内に滝が流れている感じ、を受けます。

ちなみにそこには、なんの感情も伴わない。

ただの「情報」です。

 

さらに

 

 

これなんか、「ただの文章」なのに、自分内の滝がすごいこと(華厳の滝レベル)になってます。

 

 

他にも、しかるべきある方がFBにシェアしていた某神社の写真(ちなみに行ったことある)を偶然見たら、

同じようにブワーーーっと入ってきて、胸のあたりが物理的に熱くなった。

 

この現象が一体なんなのか、さっぱりわからない。

ついこないだまで、こんなことは起き得ませんでした。

 

ちょっと待って、わたし、どこまでいくんだろう?って思ったら、ちょっと怖いような気もしてる。

 

 

わからないから、知りたくなる。

「わたしは知りたい」。

多分、それはわたしの持って生まれた行動原理のすべてでもあります。

でもなんかそれは、本当の意味での「自分探し」なんじゃないかな、とも思えてきた。

「本当の自分」を探す、という意味です。

わたしとは、いったい何者なんだろう?

何かを獲得したいと思ったことは一度もなく、わたしはただ単に、この世界がどうなっているのかを「知りたい」。

 

ほとんどの人はそれを知り得ないまま死ぬ。

よくある、キラキラ系の「前世は〜」みたいな話はどうでもいい。

わたしはもしかして、自力で遡り、自力で発見できるのではないか?

そして、わたしは自分という山の頂点に登りたい

そして、わけわかった状態で、この人生を閉じたいと思っている。

 

そんなふうに思う一年の終わり。まだ10月だけど。

 

 

ではまた 

 

français fr