商品の発送は、大抵の場合、毎週火曜日です

「希望のグリッド」の真髄がわかってきたような気がする

希望のグリッド」ですが、リリースからまもなく約1ヶ月。わたしなりに、なんとなくわかってきたことがあります。

 

 

まず、事象ベースで言うと、物事の現実化が素晴らしく早い。

そこは、実現するための努力とは関係がなく、「思いついた」→「実現された」までのスピードが驚異的で、つまり物事が「実現のために用意される」という感じでしょうか。

 

もちろん、これに関しては、「その人に合ったレベル感での実現」ということになると思います。

これはしつこく繰り返し言わないといけないのですが、マリアグリッドを持ったからといって、自分が「ゼロ地点」=「無条件」=「あらゆる二元性からの脱却」に向かう努力をしなければ、グリッドの真髄となるスーパー奇跡的なことは起こりません。

 

言ってみれば、それらのミラクルはマリアさまとあなたが共同で起こす共同事業。

それを勘違いしていては、まあ、大したことは起きないはずです。つまり「ある程度のところまでしかいけない」ということになります。

自分がどっぷりと旧来的な世界に浸かっていて、「マリアさまに頼んだら全部解決される」は大間違いです。

 

そのために、まず二元論的世界がどういうものなのか、必ず理解してほしいと思います。

【ビデオ講座】二元論からの脱却

多分、その辺で言われている二元論解説とは違うと思います。それなりに深いです。わかったような気になってた方も、この講座はグリッダーなら必ず見てほしい。

真の自己肯定、自己受容をとにかくゲットしてください。

 

 

 

前置きが長くなりました。

 

で、希望グリッドですが。

 

希望のグリッドは、だから、

つまり、あなたの本当の希望をあぶり出す

という特性があると思う。

 

 

早々に入手したユーザーの反応に、共通したものがあると思いました。

それは端的に言って、

「人肌恋しさ」、真のパートナーシップへの渇望

と言えるかもしれません。

 

この一年、わたしは、グリッダーのみんなを通して、人が段階的に目覚めて、「自分と思われていた古い衣装」をどんどん脱いで、ぐんぐん変わっていく様を見ていました。

それはデイリーベースでは段階的な変化なのですが、ある地点と現在地を引きで見たら、とんでもない変容ぶりに気づいて驚く。

 

そのようにして不用なものをどんどん処分していき、軽くなり、輝きだした先に、

「それでも欲しいもの」に気づく

ということなんじゃないかな、と思います。

 

 

ここで、でも、それはちょっとした痛みを伴う。

 

これだけ手放した、ということは、これだけ本来の自分を手に入れた、ということですが、

そんな地点までたどり着いた自分が、「今一番欲しいもの、それが今ここにはない」ということを直視させられるからです。

 

封印していた願望を見てしまうことは、ある人にとっては、相当にきついことかもしれない。

 

でも、ある時わたしは気づいた。

 

いや、だから、それが希望なんだってば!

 

仮に、今、目の前に「それ」はない、として。

自分が望んでいるものは「それ」なんだ、ということをきちんと認識すること。

 

認識できていないものは決してやってこないわけですから、

認識さえできれば手に入る。

 

それで、めっきり新しくなった自分には、どういうパートナーシップ(関係性)が必要なのか。

過去のある地点を思いだして、そこから引っ張り出す必要はまったくありません。

だからそれはやっぱり、自分を見つめることなわけです。

自分にとってもっとも都合が良い関係性とはどんなものだろう、ということを、古い固定観念から自由になったアタマで、徹底的に考えればいいだけのこと。

理想のないところに、希望もへったくれもありゃしません。

 

あなたの本当の希望をあぶり出す。

 

それがパートナシップの人もいるし、もしかしたら「お金」の人もいるかもしれないし、「仕事」や「やりがい」の人もいるかもね、っていう話。

 

 

 

ところで、パートナーシップは、多分、人類永遠のテーマなのではないかとわたしは思っている。

あらゆることに妥協(我慢)しないと決めたとしても、パートナーシップだけは、かなり強固な最後の砦。含まれる要素が多すぎます。

 

 

で!!!

最近、これに関して、ものすごい発見と気づきがあったので、グリッドユーザーだけを対象にzoomでお話ししようと思っています。

 

ではまた!

 

 

 

français fr