商品の発送は毎週火曜日を予定しています

Daily Reports

  • グラウンディングについて(2)自分が天地をつなぐパイプになる

    前回からの続き。   ここで言っている「グラウンディング」は、人体を取り巻く「上下のエネルギーの和合」のことです。 身体のエネルギー軸(電磁軸)を地球のそれと合わせる、ということになります。 正確には、天からのエネルギーと、地面からのエネルギーを、自分の身体を持って和合させる、 つまり自分が天...
  • グラウンディングについて(1)自分のタイプを知る

    グラウンディングについて、本当はきちんとマニュアルを整備しようと思っていますが、なかなか手が回りません。 でも、そんなに悠長なことを言っている場合ではないような気がして、ちょっと時間がないので、こちらに乱雑に書いて行きます。   まず、人には2つのパターンがあると思います。 エネルギー体感が...
  • とにかく細胞のアップデートをしてください!!!!

    能天気もちうくらいなり おらが春     いち早く衣替えしたというのに毎日寒い。 ♫ 重いコート脱いで 出かけませんか♫ というにも、実に気が重い春である。   まあ、、、思ったのだが、この先わたしはもう二度と、いつもの能天気モードに戻ることはないのではないか、と。 このご時世、どこをどう探し...
  • 人体とエネルギー:友達を失って、わたしが決めたこと

    去る3月24日に、わたしは元同僚であり、信頼できる長年の友人であった女性を失いました。 46歳。ガンでした。 その発覚を聞いたのは昨年の夏のことでした。 その時にはすでに彼女は、抗がん剤というものを使っての今後の治療方針を決めてあり、「わたしが口を挟むことによってその決心を揺らがせてはいけない...
  • 病気とか健康について最近すごくモヤモヤしていること

    こないだから、「音声」で発信するのはどうか、と思いついてstandFMのチャンネルを開設したわけなんですが。   こちらがkaorissimaチャンネル。 https://stand.fm/channels/6035ff4285b142d0d8d075e5 誰も聞いてくれないとやる気をすぐにな...
  • 色彩と振動数、着るものは大事だという話。そして深刻な渦潮問題

    おとといのこと、「あっ!」と息を飲んだ瞬間がありました。 そしてその刹那、わたしは自分自身のことを理解したのです。   Kaorissimaブログではつねづね言っていますが、わたしは色彩に対する感覚が子供の頃からものすごく強い。 だから、ある時絵を習うことにした。色が好きだから。 ところが、わ...
  • あるレベルに来たら左脳はすっごく大事だと思う

    相変わらずめまぐるしい日々が続いています。 めまぐるしさ、というのは「心を亡くす」忙しさとは違って、自分の中の宇宙でさまざまな起きる現象、気づきのことを言っています。 この現象と気づきは質量ともにすさまじく、とてもとてもアウトプットは追いつきません。 でも、文字にして出すアウトプットは、100...
  • 勝てるわけない負の暴走を御そうとしないこと

    最近実に目まぐるしくいろんなことが起き、さらに時間の記憶がおかしい。 自分メモ的に残しておこうと思っていたことがあるけれど、なんだっけ?すでに思い出せないから、別なことを書く(笑)       そういや、こんなことがあった。 わたしは今、ネガティブコードを切る「因縁探偵」セッションの他に 「小...
  • マリアグリッドの基本マニュアルを作っているところ。。。

    マリアグリッドは、誕生から1年。この間ユーザーのさまざまな事例やら検証やらを経ていろんなことが明らかになってきた。 それまで当然「未知のもの」だったので、無限とも思われるこの可能性を矮小化したくなく、使い方はあくまで持つ人の感性に委ねてきたわけですが、 そろそろそういうわけにもいかなくなってき...
  • なぜ、うまくいく人といかない人がいるのかという根本

    思えば、わたしの「転機」は2010年だったなあ、、、と 今、3月から始まる講座の資料に目を通していて思った。   それまでは都内のタワーマンションに暮らして、「地面から離れた生活は嫌だなあ」と感じながらも、まあ定石どおりにIT系なんかに勤務して、ネットマーケティングだー、戦略だー、CTRだーコ...
  • 負の解除って、結局は対人折衝力なんだと思う

    本日も「因縁探偵」ことネガティブクリアリングのセッションでした。   「あ!」という符号が合致する「因縁の場所」を特定できたのではないかと思います。 クライアントは敏感な方で、その場所が特定された瞬間、ものすごい体感がきたそうです。 この後の解決は、クライアントご本人と、因縁の「負の主」との対...
  • 地面元年。断層なめんなよ

    世の中では「風の時代」だともてはやされていますが、 わたしにとって今年は「土の時代」。 土というより「地」ですね。 地中とか、断層とか、もっと言うと地球のコアとか。     そもそも、「地面」てなんだろう。 山って何?岩って何?石って何?土って何?砂って何? この、生まれてこのかた誰も納得いく...
Español es