商品の発送は、大抵の場合、毎週火曜日です

タイムリーなアウトプットは無理なのですが、心ふるえる日々

毎日毎日、グリッドに関して新たな発見があって心震える。

 

わたしはグリッドをつくっていますけれど、一方で「ただのユーザー」でありまして、「つくっている」時は何も考えていませんが、「使う」時はあれこれめちゃくちゃ考えています。

つくっては自分で効能を発見する。それをグリッダー仲間と共有しては検証する日々。

 

「つくる」には二つの意味合いがあって、

1)まったく新しいバージョンのグリッドをつくる

2)できたバージョンの量産

がありますが、1)に関しては、自分のコントロール下になくて、然るべきタイミングで「やってくる」としか言いようがありません。

こないだから、ずーっと

次のグリッドは「鍵」というのだけはわかっていますが、だからそれがなんなのか、どういうものなのかはさっぱりわかりません。

 

これは完璧な自問自答

「いつだろう?何だろう?」

「そのうちわかるでしょ」

みたいな、自分対自分の会話がなされている状態です。

 

 

で、この「発見」に関しては日々新たな「!」が発見されるので、正直アウトプットが一切追いついていないのです。

だからタイムリーなアウトプットはわたしの中でもう捨てた。

それに、何というか、言うならば「奇跡慣れ」している自分もいる。

でも、日々すばらしい発見をしていることだけは、なんか伝えておきたい。

 

 

マリアグリッドのキモになる要素の一つとして、

「蓄積された負のエネルギーの除去」がありますが、

これに関しては土地建物の現場の他に、「写真」や「過去帳」や「家系図」などが必要になってくる場合があります。

長い呪縛を解く「因縁探偵」では必ず家系図のあるなしを確認します。

もちろん、誰の家にも家系図があるわけではない。(なくても特に問題ありません)

でも、家系図というものの意味することは膨大で、要するに、自分に繋がる縁を辿り、想いを寄せるということですから、たとえ家系図に連なったであろう過去の人々の、名前までは知らなくても「存在」を意識することは大事なのです。

 

そんな折、

お買い上げのグリッドが、今日届いたー!という方の肩書きが、

なんと!

「家系図コーチング」とな。

 

わお!と思いました。

その方は、グリッドと家系図の話は一切知らずにお求めに。

 

 

あー、もう、こうやって必要な人々が、勝手に集まるようにできている。

「負の清浄化」という一大ミッションに対して、続々と人が吸い寄せられてくる。

こういう日々の出来事こそが、奇跡なんじゃないかな、とわたしは思うわけです。

 

グリッドの素晴らしさは、グリッドを持つ人に恩恵がもたらされるだけじゃなく、それを使って、さらに他の人に対して恩恵を伝播させて行くことができる、という点。

自分だけがよければそれでよかった時代は終焉。

ギブアンドテイクも終焉して、今以降はまさに「トーラス」だと思う。

トーラス発想を持てるかどうかで、今後の生き方も、実りも変わってくるだろう、とわたしは見ています。

 

ではまた!

 

 

日本語 ja